Posts By vn_tamahi@yahoo.co.jp

「やる気を出すには」

すっかり秋になってしまいました。

9月29日のコンサートに向けての練習でリハーサル以外は引きこもっていたので、今いち実感が湧きません。

今回は「やる気になるには(沢山練習するようになるには)」という題で書かせて頂きます。
いや~私も教えて頂きたいです。そしてリサイタルの4か月位前に発動して欲しい。
・・・・・・と、生業とする私ですら思うのですからよっぽどですね。
ちなみに学生時代友人に「本番1か月前のテンションで常に練習してたら私はかなり上手くなれるのにそれが出来ない」とこぼした所、
「そんな事したらメンタルやられるから無理」と言われました。確かに。

「ヴァイオリンがやりたいって言うからやらせたら、自分で練習するしメキメキ上達するし素敵~!」なんて事は、基本ありません。
繰り返しになりますが一応音大を卒業した私ですら幼少期は泣いて嫌がりました。楽器には幾筋もの涙の跡が残っています。
ですがたまにいらっしゃいます(幼稚園~小学校低学年)。でも極僅か10人に1人ぐらいですかね。
大体小学校高学年くらいになると自発的に練習する様になります。
保護者の方がつきっきりで練習を見なくても大丈夫(崩れない)のはこの辺りです。

そこでヴァイオリンの指導者はシール制度を考えたりスタンプカードを考えたり色々策を巡らすわけですね。
その話はここでは置いておいてもう少し根源的な事を書きます。

夏前になるとファッション誌は軒並みダイエットの記事で溢れます。
「夏前に体を絞る!(水着を着るため)」といった具合です。不思議ですよね。日頃から体重をキープしておけば良いのです。
他にも似たものは沢山あります。「お給料日前の節約レシピ」とか・・・?普段から節約していれば何の問題もありません。
そう。人間は目標や目的も明確に無いのに常に頑張り続けられるほどは強くないのです。
野球のイチロー選手は「大きな目標・中くらいの目標・小さな目標」を立てていたといいます。素晴らしい。
○○になりたいから(大目標)○○出来てなきゃいけないから(中目標)○○が出来るようにする(小目標)。
教育実習の時にも言われました。「こうなると良い」というのを明確に伝えなければ生徒さんは頑張 れ ないよ、と。

ある日突然音階を弾けと言われたってやる気になりません。ある日突然練習曲を出されたって意味のない苦行です。
もっといえば「この曲を弾きなさい」って言われたところで「なんで?アンパンマンの方が良い(例えが古い・・・)!」となります。
皆さん好きで、何らかのきっかけがあってヴァイオリンを始めたのですから(私はありませんでした)、それなりに「ヴァイオリンて素敵!」と
思う出来事があったはずです。横断歩道を渡っていた女の子が持っていたケースがヴァイオリンだった、
お姉ちゃんの発表会を見に行ったらヴァイオリンを弾いてる人がいてかっこよかった!
何でも良いのですがそこにはある種の「憧れ」があったはずです。
基本的にはそこに近づけるような方向でレッスンを開始します。
後は何でも良いのです。「発表会で赤いドレスが着たいから出てドレスに見合う演奏が出来るように頑張る」「情熱大陸をカッコよく弾きたい」。
こういった目標や夢がある程度定まれば逆算します。
「情熱大陸を弾くにはポジションチェンジが必要→ポジションチェンジの練習をする→ファーストポジションのフィンガリングは完ぺきに」
「将来オーケストラで弾きたい→(ジュニアオケでも弾きたい)→様々な弓のテクニックをマスターしなければならない→練習曲で練習」
といった具合です。
時には「弾きたい曲」を無理して弾いて挫折を味わう事も大事です。自分の目標に対して足りてない部分を身をもって知るわけですから。


要約すると「目標をみつける」事ですね。もっと言うと上記の様に規模の違った目標が順番にあると良いです(これは難しいですね)。
あとは「今何のためにこれをやっているか」を理解した上で練習する事です。
そして指導者サイドは、生徒さんが(出来れば自分自身で)目標を見つけられるようにレッスンに努める(実技の指導だけでなく)、
音大を出た自分の感覚で課題を押し付けない事が大事だと思っています。

以上はあくまで私の考えです。参考にして頂ければ幸いですが絶対ではありません!

ちなみに私が真面目に練習する様になったのは小学校高学年、コンクールを考える様になってからでした。
実際に初めて出たのは中学校2年生でしたが・・・。





				

新規生徒さんの募集を開始致します!

暑い日々が続いておりますが如何お過ごしでしょうか?

いよいよ新しい先生2名に入って頂きます!

 

渡辺葵(わたなべあおい)先生

西野絢賀(にしのあやか)先生

です。

本日2017年7月17日付けで新しい生徒さんの募集を開始させて頂きます!

とても美しく、お優しい先生です。

そして演奏活動もされているので「良い演奏が出来る為のレッスン」がお出来になります。

当ヴァイオリン教室の最大の特色でもある「現役の演奏家によるレッスン」がこのお2人なら、

発揮していただけると思い講師お願いをしました。

この2名の先生をお迎えするに当たり「日俣綾子ヴァイオリン教室」から

「杉並の森ヴァイオリン教室」へと改称させて頂きます。

皆さまとご一緒にヴァイオリンのお稽古が出来る事を楽しみにしております!

2017年7月17日 杉並の森ヴァイオリン教室主宰 ヴァイオリニスト 日俣綾子

 

生徒さんの募集を再開致します!

この度新しい先生2名に入って頂く事が決定致しました!

只今その先生方とお約束などの取り決めを調整中です。

今月中にはレッスンを開始出来る見込みでございますので、どうぞご検討下さいませ!

先生のプロフィールは近日中に公開予定でございます。

それに伴い「日俣綾子ヴァイオリン教室」から

「杉並の森ヴァイオリン教室」に改称予定でございます。

ホームページもブログも随時アップして参りますので宜しくお願い致します。

日俣綾子

 

「プレゼンテーション現代作品 その44」

去る2017年6月7日に杉並公会堂小ホールにて行われました「プレゼンテーション現代作品 その44」にて、森山智宏氏作曲「無伴奏ヴァイオリンのためのソナチネ」を初演させて頂きました。

難解な中にも非常にユーモアを感じる作品でした。

森山氏は私の母校桐朋学園音楽部門にて専任教員として勤めていらっしゃいます。

森山氏は私の母校桐朋学園音楽部門にて専任教員として勤めていらっしゃいます。

 

ヴァイオリンの選び方

こんにちは。

日俣綾子ヴァイオリン教室の日俣綾子です。

今回は「ヴァイオリン選び」について書いてみたいと思います。
あくまで私の主観ですので、参考程度に留めていて頂けると幸いです。

よく「どんなヴァイオリンを購入すれば良いですか?(どれぐらいの価格の楽器を購入すれば良いですか?)」と質問を受けます。
ヴァイオリンという楽器の価格帯は下が19,800円(?)くらいから上は数億円とかなり幅があります。

今回は特に「多くの初心者の方が初めて購入されるであろう楽器=100万円以下」について書きます。

このクラスの楽器・・・主に工場生産品・・・は質と金額が比例します。
分数ヴァイオリンのセット新品定価で55,000円、フルサイズのセット新品定価で60,000円を下回るものはお勧め出来ません。
この価格以下の楽器ですと「弾ける様にする為にさらに楽器を調整しなければならない」という状態が起こります。駒が真っ平ら、糸巻きが固定出来ないといった状態は実際に目にしました。新品定価で19,800円の楽器はインテリア用(?!)と思って頂いて差し支えありません。

なぜ55,000円から数十万円まであるのでしょう?
何が違うのでしょう?

違いに関しては、ズバリ音質と弾きやすさです。
良い楽器は朗らで高らかなそれでいて厚みのある良い音がします。
多少のミスもカバーしてくれます。

「お道具」だと想像すると良いと思います。
文化包丁でお刺身を切るのと柳葉包丁でお刺身を切るのとでは全然違いませんか?
お化粧をする際に数百円のブラシと数千円のブラシでは使い心地が違いませんか?
それと同じ事です。
ただお刺身にもお化粧品にも色々ありますが・・・。
道具にお金さえかければ良いというものでもありませんが、何となくイメージはしやすくなられたでしょうか?

「これだ!」と思う楽器に出会われます事をお祈りしています!

生徒さんの募集につきまして

こんにちは。

ご覧頂きありがとうございます。

誠に恐れながら現在生徒さんの数がほぼ満員に達しております。

その為2017年4月20日付で募集を一時的にストップさせて頂きます。

現在新しい先生に加わって頂くべく努めております。

6月には再開出来ると思いますので、申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さいませ。

なお、ご質問のメールは受け付けております。

2017年4月20日 日俣綾子

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

1月8日には和歌山県立近代美術館にてピアノの松井淑恵氏とレクチャーコンサート「動き出す!音楽」を
開催させて頂きました。色々とても楽しい時間でした。
絵画とのコラボレーションという珍しい企画でした。またどこかでやれたらいいなぁと考えています。

昔むかしに言われた事があります。
「生徒さんの指導に当たる時にはずっと先の事も考えなさい。」と。
今回はその「ずっと先の事」について私なりに少し書いてみます。

私は「ヴァイオリンの技術において自立出来るように」という事を最終目標にしています。
具体的には「弾いてみたいと思う曲に出会ったら譜面を探し自力で譜読みをする」ことです。

例えばある曲が気になったとします。
曲名を検索して楽譜を入手します。(今は自宅でも可能ですね。)
そこから「自力で」譜読みをして大まかな音程リズムを外さず弾けるようになる。
何となく表情も付けられる。

これが私が考えている「ずっと先の事」で「ヴァイオリンの技術においての自立」と思っている形です。
ご希望がある限りずっと指導をさせて頂きたいと考えていますが、
進学やお引越しなど環境の変化や私の老化(?!)により指導出来なくなってしまう
・・・手を離れる日は必ずやって来ます。
そんな時「日俣先生がいないと何も分からない!」という状態になって頂きたくはないのです。
「先生がいなくてもヴァイオリンを楽しめる」ようになって頂ければ「先生」としては本望です。
念の為申し上げますと「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を自力で仕上げて下さい」という
事ではありません! 「赤とんぼ」でも「愛の挨拶」でも曲は何だって良いのです。

・・・・・と書くと何だか壮大なテーマに思えますし、いつもいつも「自力で頑張って下さい」と
申し上げているわけではありません。
今いらっしゃって下さってる生徒さん達の何人かには話しましたが、
その他の生徒さんは私がこんな事を考えているだろうとは思っていらっしゃらないでしょう。
普段は生徒さんに合わせてお稽古させて頂いていますが、ひっそりとこんな事も考えています。

今年の夏の発表会に向けての準備もぼちぼち始まりました。
今回も出演される皆さんにとって楽しい思い出となるように気を引き締めて頑張ります。

				

生徒さん募集状況につきまして

こんにちは。日俣綾子です。

一時期19時以降の生徒さんの募集を停止させて頂いておりましたが、
空きが出来ました為、再度募集させて頂きます。
この機会に是非ご検討下さいませ。
場所は杉並区の荻窪駅・下井草駅が最寄りです。

暑かったり寒かったり不順しておりますが
皆様どうぞご自愛下さいませ!

発表会

前回の更新よりかなり時間が空いてしまいました。。
如何お過ごしでしょうか?

去る2016年7月17日に「こざさ会」さんの発表会に参加させて頂きました。
会場はなんと音楽の友ホール!
コンサートでしか訪れた事がなく、楽しみにその日を迎えました。
私のお教室からは2名の生徒さんが参加され、日頃の成果を発揮されました。
発表会前は指導者も生徒さん御本人も大変ですが、
保護者様が何より大変だと思います。
そしてそんな想いを20年近く両親にさせていたのかと、
胸が痛く(?!)なりました。

何はともあれ無事に終了。
大人になって思い返した時に「あんな事があったな」「楽しかったな」
「頑張ったな」と感じる事が出来るといいなぁと思います。

私はスタッフとして駆けずり回っていて講師演奏もしてバタバタだったので
お写真を撮り忘れてしまいました。残念。

これから季節は秋へと参ります。
葉の色が変わり落ちてゆく寂しさと冬の行事への楽しみさが同居する
不思議な季節です。
食欲の秋、芸術の秋・・・素敵な秋をお過ごし下さいませ!
image1

夏も過ぎ・・・

あっという間に夏は終わってしまいました。
夏の間は暑くて暑くて早く涼しくなって欲しいと願いますが、いざ涼しくなると何となくもの淋しいですね。

この夏  2015 JASTA STRING SEMINAR in 八ヶ岳山麓 にヴィオラのOさんが参加されました。
http://jasta-gia.or.jp/jmf.html  
主催は一般社団法人日本弦楽指導者協会でした。
http://jasta-gia.or.jp

こういった夏期合宿やオーケストラ、そして発表会に参加されると皆さんやはりグッと成長されますね。
レッスン室では学びきれない物も存在するので機会とお時間があれば参加してみられる事をお薦めします。

残響などを考えるとホールが一番なのですが、その他にも沢山「演奏の場」はあります。
これからハロウィン等イベントが沢山です。ホームパーティーなどちょっとした集まりに
ヴァイオリンを持って行っては如何でしょうか?
日頃「練習」と「レッスン」を「頑張って」いると根っこの部分を忘れがちになります。
根っこって・・・・そう。「音楽って楽しい!」という事です。
頑張れば頑張るほど自分の欠点と向き合う事にもなるので「まだまだ人前でなんて・・」って
思ってしまうのですよね。
大丈夫。きっと御自身で思っていらっしゃるより貴方は上手です!
周りの人だって審査員や試験官ではありません。一生懸命弾いている姿を目にすればそれだけでもちょっぴりびっくり
する筈です。旋律が流れ出すと・・・周りの人は嬉しくなってしまいす。
街中で知ってる曲や好きな曲が流れているのを聴いて「あ!」と何となくウキウキした経験はどなたも1度くらいは
お持ちでしょう。想像してみて下さい。それが目の前でのお友達の演奏だったら・・・?!

ただし楽器のお取り扱いには充分気を付けて下さいね。

さてそろそろ衣替えでもしますか。
皆様もお風邪などお召しになりませんよう温かくなさって下さいませ!