Posts By vn_tamahi@yahoo.co.jp

ワクチン接種が完了しました☆

こんにちは。

ヴァイオリニスト&杉並の森ヴァイオリン教室主宰の日俣綾子です。

涼しいのは有難いとはいえ、雨ばかりだと気持ちも少し沈んでしまう気がしています。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

ご報告をすっかり忘れてしまっていたのですが、

新型コロナウィルスのワクチン接種2回を8月に完了致しました。

2回とも杉並区の集団接種でお世話になりました。

いや~素晴らしいオペレーションですね。

医療関係者の方々にはcovid-19の治療、そして元々ある治療、そしてワクチン接種・・・本当に頭が下がります。

心より感謝申し上げます。

そして、国、都や区の地方自治体の関係者様にも御礼申し上げます。

中々明るいニュースにも出会えませんが、皆さまどうか御自愛下さいませ。

Youtubeでレッスン動画の配信を始めました!

暑い夏ももう終わろうとしていますが皆様は如何お過ごしでしょうか?

この度、Youtubeにてヴァイオリンレッスン動画の配信を始めました!

「日俣綾子のヴァイオリンレッスン」(←こちらをクリックして下さいね)です!

私は基礎からお教え出来る事を自信の1つとしておりますが、

ここではその辺りもきっちり配信していく予定です。

是非是非ご覧下さいませ。何かの参考になれば幸いです。

なかなか思うように外出したりも出来ませんが皆様どうかお元気でいらして下さいませね。

日俣綾子

ヴァイオリンレッスン, バイオリンレッスン ,レッスン 動画,ヴァイオリン,バイオリン,

緊急事態宣言下でのレッスンにつきまして

こんにちは。

前回の投稿から随分と間隔が空いてしまいました。

杉並の森ヴァイオリン教室、日俣綾子です。

ワクチンの接種も始まりましたね。毎日「ワクチンの最新情報」を見ては一喜一憂しています。

さて、緊急事態宣言がまだ続いています。(前回のブログの分が終わって次の回ですね)

我が音楽教室では生徒さん及び一緒にいらっしゃる保護者様に「マスクの着用、入室時の手指のアルコール消毒」をお願いしています。

こちらは「生徒さんがいらっしゃる前の室内の換気、椅子や譜面台やドアノブ、そしてお手洗い等のアルコール消毒」をしてお迎えし、ご挨拶の時に手指を消毒しております。もちろんマスクは着用しています。

ビニールカーテン、フェイスガードは恐らくやり過ぎ・・・という事でやめましたが、出来るだけ距離を取らせて頂いています。

オンラインレッスンももちろん継続中です。

都からもオンラインを勧めるようにと言われているので、「可能な範囲でオンラインレッスン」のご検討を頂いていると同時に「体調が微妙かも・・・(ヴァイオリンは弾けるけど体調が良くない)」という時にもご活用頂いております。

早く、このコロナ禍が過ぎ去りますように・・・。

そしていよいよ梅雨の時期となりました。

楽器周りの湿度には充分ご注意下さい。新しい楽器なら「そんなに神経質にならなくても大丈夫」ですが、ヴァイオリンに丁度良い湿度は50%前後です。(45%~55%ぐらい・私の楽器は55%が良く鳴ります)

では紫陽花のお花を楽しみに致しましょう。

お読み頂きありがとうございました。

#杉並区 #習い事 #ヴァイオリン #バイオリン #お教室

1月8日~2月7日の緊急事態宣言下でのレッスンにつきまして

新年明けましておめでとうございます。
暗いニュースが多くございますが、皆さまにとりまして良き年となります様に心よりお祈り申し上げます。

緊急事態宣言下でのレッスンにつきましてご案内致します。

現在音楽教室には規制は入っておりません。
公立の小中学校も開校しております。
上記の事からレッスン室でのレッスンはこのまま開講致します。
しかしながら東京都の感染拡大状況並びに医療機関の状況がかなり深刻であるため、
前回よりの感染防止対策を下記の通り強化してのレッスンと致します。
・生徒さん側とこちらの間隔を2m空けます。(少々狭くなります)
・生徒さん側とこちらの間にビニールカーテンを設置します。
・窓を開放したままレッスン致します。(上着をお召しになってご入室下さい)
・常に、ヴァイオリンを弾く際もマスクの着用をお願い致します。
・こちらで楽譜を並べ替えたり、譜面への記入は行いません。鉛筆と消しゴムを持参の上、生徒さん自身か保護者様で行って下さい。
・20時以降にレッスン開始の生徒さんは20時終了にお時間を変更して頂くか、
オンラインレッスンへの変更をお願い申し上げます。

*お越しになる前には換気とアルコール消毒を行っております。
その為いつも寒くて恐縮です。
アルコールが引火する為直前までガスファンを入れておりません。。

対面レッスンについては以上でございます。

上記でも申しました通り東京都の感染拡大状況と医療機関の状況がかなり深刻です。
不要不急の外出自粛要請がなされており、テレワークの推進が求められております。
オンラインに変更可能な方は月に1回でも2回でも変更して頂けますと非常に有難く存じます。
感染拡大防止に、皆様のご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。

レッスン再開のご案内

とうとう関東地方も梅雨入り致しました。
如何お過ごしでしょうか。

緊急事態宣言の解除、東京都のロードマップが「ステップ2」に移行しましたので、
6月1日より感染症対策を行った上で対面レッスンを再開致しました。

感染症対策は以下の通りでございます。

~こちらでの対策~
・ドアノブや机、椅子はレッスン前後にアルコールで消毒致します。
・手はレッスン前にアルコールジェルで消毒するか
 厚生省の指針を基準に石鹸で正しく洗います。
・レッスン前後に換気を行います。
・40分を超えるレッスン時間の場合はレッスン中に1度窓を開けて換気致します。
・マスクを着用致します。
・6月15日以降マスク着用の上、フェイスシールドを着用致します。

~お願い事項~
・お越し頂いた際に玄関設置のアルコールジェルによる手の消毒あるいは、
 お手洗いにある石鹸で正しく手洗いをお願い致します。
・いらっしゃる方全員のマスクの着用をお願い致します。
 ヴァイオリンを弾く時のみご本人は外して頂いても結構です。
・ご本人やご同行者様に37.5℃以上の発熱症状や咳等の風邪症状がある場合は
 レッスンの受講をご遠慮下さい。

オンラインレッスンにつきまして
・ソフトは原則Skypeを使用致します。
 (使い慣れた物がありましたらご相談下さい)
・料金は対面レッスン(通常のレッスン)の1割引きとなります。
 (こちら在籍している生徒さんの金額です)
・レッスン料はその都度銀行にお振込み頂くか月末に纏めてお振込み下さい。

例えば「レッスン当日ご本人やご同行者様は元気だけど同居される御家族が
37.5℃以上の発熱症状や咳等の風邪症状がある」場合は
オンラインレッスンをお勧めします。
そしてこちらも「日俣は元気だけれど同居する主人に37.5℃以上の発熱症状や
咳等の風邪症状がある」場合安全のために
オンラインレッスンに切り替えさせて頂きます。

<規約の変更につきまして>
教室の規約としまして「学校指定伝染病のみ当日キャンセル可能」でございましたが
昨今の状況を鑑みまして
「37.5℃以上の発熱症状や咳等の風邪症状がある場合も当日キャンセル可能」
とさせて頂きます。
(オンラインレッスンに変える事も可能ですがごゆっくりお休み下さい。)
そして恐れながら、私におきましても
「37.5℃以上の発熱症状や咳等の風邪症状がある場合は当日キャンセル或いはオンラインレッスンに切り替え」
とさせて頂きます事をご了承下さい。

以上でございます。
完全な収束はまだまだ難しいと言われておりますが、
一刻も早い鎮静化と皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。

日俣綾子


レッスン休止のお知らせ

日俣綾子ヴァイオリン教室は5月7日以降5月31日までは全てのレッスンをお休みとさせて頂きます。

6月1日以降は緊急事態宣言が解除される見通しですが東京都の発表したロードマップを見る限り、6月1日からのレッスンの再開は難しいと見込んでおります。

国と都の指針に従いつつ、安全を最優先で参りたいと考えておりますので、レッスンの再開まで今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。

新型コロナウィルスにより亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げます。

現在闘病されていらっしゃる方に心よりお見舞い申し上げます。

そしてこちらをご覧の皆様のご無事とご健康をお祈り申し上げます。

5月23日 日俣綾子ヴァイオリン教室 日俣綾子

レッスン休止につきまして

新型コロナウィルスの感染が拡大の一途を辿っています。

日俣綾子ヴァイオリン教室では現在全ての方のレッスンを中止させて頂いております。

5月7日に緊急事態宣言は解除されると言われておりますが、解除後に一気に外出を始めると感染が再び拡大されるとのお話を聞いた事もあり、レッスンの再開は緊急事態宣言解除後に様子を見ながら再開させて頂く予定でおります。

事態が少しでも早く少しでも良い方向へ向かう事を祈っています。

皆様が健康でいらっしゃいます様に。

医療機関、物流、ライフラインなど・・・・今この瞬間に多くの人々の為に御働き下さる方々に心より感謝を捧げます。

2020年4月16日 日俣綾子

今年(2019年)の3月より犬を飼い始めました。2018年9月生まれの秋田犬です。
飼い始める前に全生徒さんにアレルギーの有無を確認させて頂き、大丈夫だったので無事にウチの子になりました。
全く吠えません・・・。
生徒さんには「え?今いるのですか??」と驚かれる事数回・・・・・。


				

「やる気を出すには」

すっかり秋になってしまいました。

9月29日のコンサートに向けての練習でリハーサル以外は引きこもっていたので、今いち実感が湧きません。

今回は「やる気になるには(沢山練習するようになるには)」という題で書かせて頂きます。
いや~私も教えて頂きたいです。そしてリサイタルの4か月位前に発動して欲しい。
・・・・・・と、生業とする私ですら思うのですからよっぽどですね。
ちなみに学生時代友人に「本番1か月前のテンションで常に練習してたら私はかなり上手くなれるのにそれが出来ない」とこぼした所、
「そんな事したらメンタルやられるから無理」と言われました。確かに。

「ヴァイオリンがやりたいって言うからやらせたら、自分で練習するしメキメキ上達するし素敵~!」なんて事は、基本ありません。
繰り返しになりますが一応音大を卒業した私ですら幼少期は泣いて嫌がりました。楽器には幾筋もの涙の跡が残っています。
ですがたまにいらっしゃいます(幼稚園~小学校低学年)。でも極僅か10人に1人ぐらいですかね。
大体小学校高学年くらいになると自発的に練習する様になります。
保護者の方がつきっきりで練習を見なくても大丈夫(崩れない)のはこの辺りです。

そこでヴァイオリンの指導者はシール制度を考えたりスタンプカードを考えたり色々策を巡らすわけですね。
その話はここでは置いておいてもう少し根源的な事を書きます。

夏前になるとファッション誌は軒並みダイエットの記事で溢れます。
「夏前に体を絞る!(水着を着るため)」といった具合です。不思議ですよね。日頃から体重をキープしておけば良いのです。
他にも似たものは沢山あります。「お給料日前の節約レシピ」とか・・・?普段から節約していれば何の問題もありません。
そう。人間は目標や目的も明確に無いのに常に頑張り続けられるほどは強くないのです。
野球のイチロー選手は「大きな目標・中くらいの目標・小さな目標」を立てていたといいます。素晴らしい。
○○になりたいから(大目標)○○出来てなきゃいけないから(中目標)○○が出来るようにする(小目標)。
教育実習の時にも言われました。「こうなると良い」というのを明確に伝えなければ生徒さんは頑張 れ ないよ、と。

ある日突然音階を弾けと言われたってやる気になりません。ある日突然練習曲を出されたって意味のない苦行です。
もっといえば「この曲を弾きなさい」って言われたところで「なんで?アンパンマンの方が良い(例えが古い・・・)!」となります。
皆さん好きで、何らかのきっかけがあってヴァイオリンを始めたのですから(私はありませんでした)、それなりに「ヴァイオリンて素敵!」と
思う出来事があったはずです。横断歩道を渡っていた女の子が持っていたケースがヴァイオリンだった、
お姉ちゃんの発表会を見に行ったらヴァイオリンを弾いてる人がいてかっこよかった!
何でも良いのですがそこにはある種の「憧れ」があったはずです。
基本的にはそこに近づけるような方向でレッスンを開始します。
後は何でも良いのです。「発表会で赤いドレスが着たいから出てドレスに見合う演奏が出来るように頑張る」「情熱大陸をカッコよく弾きたい」。
こういった目標や夢がある程度定まれば逆算します。
「情熱大陸を弾くにはポジションチェンジが必要→ポジションチェンジの練習をする→ファーストポジションのフィンガリングは完ぺきに」
「将来オーケストラで弾きたい→(ジュニアオケでも弾きたい)→様々な弓のテクニックをマスターしなければならない→練習曲で練習」
といった具合です。
時には「弾きたい曲」を無理して弾いて挫折を味わう事も大事です。自分の目標に対して足りてない部分を身をもって知るわけですから。


要約すると「目標をみつける」事ですね。もっと言うと上記の様に規模の違った目標が順番にあると良いです(これは難しいですね)。
あとは「今何のためにこれをやっているか」を理解した上で練習する事です。
そして指導者サイドは、生徒さんが(出来れば自分自身で)目標を見つけられるようにレッスンに努める(実技の指導だけでなく)、
音大を出た自分の感覚で課題を押し付けない事が大事だと思っています。

以上はあくまで私の考えです。参考にして頂ければ幸いですが絶対ではありません!

ちなみに私が真面目に練習する様になったのは小学校高学年、コンクールを考える様になってからでした。
実際に初めて出たのは中学校2年生でしたが・・・。





				

新規生徒さんの募集を開始致します!

暑い日々が続いておりますが如何お過ごしでしょうか?

いよいよ新しい先生2名に入って頂きます!

 

渡辺葵(わたなべあおい)先生

西野絢賀(にしのあやか)先生

です。

本日2017年7月17日付けで新しい生徒さんの募集を開始させて頂きます!

とても美しく、お優しい先生です。

そして演奏活動もされているので「良い演奏が出来る為のレッスン」がお出来になります。

当ヴァイオリン教室の最大の特色でもある「現役の演奏家によるレッスン」がこのお2人なら、

発揮していただけると思い講師お願いをしました。

この2名の先生をお迎えするに当たり「日俣綾子ヴァイオリン教室」から

「杉並の森ヴァイオリン教室」へと改称させて頂きます。

皆さまとご一緒にヴァイオリンのお稽古が出来る事を楽しみにしております!

2017年7月17日 杉並の森ヴァイオリン教室主宰 ヴァイオリニスト 日俣綾子