Posts in Category: ブログ〜音楽や教室について〜

生徒さんの募集につきまして

こんにちは。

ご覧頂きありがとうございます。

誠に恐れながら現在生徒さんの数がほぼ満員に達しております。

その為2017年4月20日付で募集を一時的にストップさせて頂きます。

現在新しい先生に加わって頂くべく努めております。

6月には再開出来ると思いますので、申し訳ございませんが今しばらくお待ち下さいませ。

なお、ご質問のメールは受け付けております。

2017年4月20日 日俣綾子

新年明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

1月8日には和歌山県立近代美術館にてピアノの松井淑恵氏とレクチャーコンサート「動き出す!音楽」を
開催させて頂きました。色々とても楽しい時間でした。
絵画とのコラボレーションという珍しい企画でした。またどこかでやれたらいいなぁと考えています。

昔むかしに言われた事があります。
「生徒さんの指導に当たる時にはずっと先の事も考えなさい。」と。
今回はその「ずっと先の事」について私なりに少し書いてみます。

私は「ヴァイオリンの技術において自立出来るように」という事を最終目標にしています。
具体的には「弾いてみたいと思う曲に出会ったら譜面を探し自力で譜読みをする」ことです。

例えばある曲が気になったとします。
曲名を検索して楽譜を入手します。(今は自宅でも可能ですね。)
そこから「自力で」譜読みをして大まかな音程リズムを外さず弾けるようになる。
何となく表情も付けられる。

これが私が考えている「ずっと先の事」で「ヴァイオリンの技術においての自立」と思っている形です。
ご希望がある限りずっと指導をさせて頂きたいと考えていますが、
進学やお引越しなど環境の変化や私の老化(?!)により指導出来なくなってしまう
・・・手を離れる日は必ずやって来ます。
そんな時「日俣先生がいないと何も分からない!」という状態になって頂きたくはないのです。
「先生がいなくてもヴァイオリンを楽しめる」ようになって頂ければ「先生」としては本望です。
念の為申し上げますと「チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を自力で仕上げて下さい」という
事ではありません! 「赤とんぼ」でも「愛の挨拶」でも曲は何だって良いのです。

・・・・・と書くと何だか壮大なテーマに思えますし、いつもいつも「自力で頑張って下さい」と
申し上げているわけではありません。
今いらっしゃって下さってる生徒さん達の何人かには話しましたが、
その他の生徒さんは私がこんな事を考えているだろうとは思っていらっしゃらないでしょう。
普段は生徒さんに合わせてお稽古させて頂いていますが、ひっそりとこんな事も考えています。

今年の夏の発表会に向けての準備もぼちぼち始まりました。
今回も出演される皆さんにとって楽しい思い出となるように気を引き締めて頑張ります。

				

生徒さん募集状況につきまして

こんにちは。日俣綾子です。

一時期19時以降の生徒さんの募集を停止させて頂いておりましたが、
空きが出来ました為、再度募集させて頂きます。
この機会に是非ご検討下さいませ。
場所は杉並区の荻窪駅・下井草駅が最寄りです。

暑かったり寒かったり不順しておりますが
皆様どうぞご自愛下さいませ!

発表会

前回の更新よりかなり時間が空いてしまいました。。
如何お過ごしでしょうか?

去る2016年7月17日に「こざさ会」さんの発表会に参加させて頂きました。
会場はなんと音楽の友ホール!
コンサートでしか訪れた事がなく、楽しみにその日を迎えました。
私のお教室からは2名の生徒さんが参加され、日頃の成果を発揮されました。
発表会前は指導者も生徒さん御本人も大変ですが、
保護者様が何より大変だと思います。
そしてそんな想いを20年近く両親にさせていたのかと、
胸が痛く(?!)なりました。

何はともあれ無事に終了。
大人になって思い返した時に「あんな事があったな」「楽しかったな」
「頑張ったな」と感じる事が出来るといいなぁと思います。

私はスタッフとして駆けずり回っていて講師演奏もしてバタバタだったので
お写真を撮り忘れてしまいました。残念。

これから季節は秋へと参ります。
葉の色が変わり落ちてゆく寂しさと冬の行事への楽しみさが同居する
不思議な季節です。
食欲の秋、芸術の秋・・・素敵な秋をお過ごし下さいませ!
image1

夏も過ぎ・・・

あっという間に夏は終わってしまいました。
夏の間は暑くて暑くて早く涼しくなって欲しいと願いますが、いざ涼しくなると何となくもの淋しいですね。

この夏  2015 JASTA STRING SEMINAR in 八ヶ岳山麓 にヴィオラのOさんが参加されました。
http://jasta-gia.or.jp/jmf.html  
主催は一般社団法人日本弦楽指導者協会でした。
http://jasta-gia.or.jp

こういった夏期合宿やオーケストラ、そして発表会に参加されると皆さんやはりグッと成長されますね。
レッスン室では学びきれない物も存在するので機会とお時間があれば参加してみられる事をお薦めします。

残響などを考えるとホールが一番なのですが、その他にも沢山「演奏の場」はあります。
これからハロウィン等イベントが沢山です。ホームパーティーなどちょっとした集まりに
ヴァイオリンを持って行っては如何でしょうか?
日頃「練習」と「レッスン」を「頑張って」いると根っこの部分を忘れがちになります。
根っこって・・・・そう。「音楽って楽しい!」という事です。
頑張れば頑張るほど自分の欠点と向き合う事にもなるので「まだまだ人前でなんて・・」って
思ってしまうのですよね。
大丈夫。きっと御自身で思っていらっしゃるより貴方は上手です!
周りの人だって審査員や試験官ではありません。一生懸命弾いている姿を目にすればそれだけでもちょっぴりびっくり
する筈です。旋律が流れ出すと・・・周りの人は嬉しくなってしまいす。
街中で知ってる曲や好きな曲が流れているのを聴いて「あ!」と何となくウキウキした経験はどなたも1度くらいは
お持ちでしょう。想像してみて下さい。それが目の前でのお友達の演奏だったら・・・?!

ただし楽器のお取り扱いには充分気を付けて下さいね。

さてそろそろ衣替えでもしますか。
皆様もお風邪などお召しになりませんよう温かくなさって下さいませ!

コンサートの御案内

お次はこれから開催するコンサートの御案内です!

今回はクラシックは演奏しませんが、内容はかなり楽しい物なので是非お越し下さいませ!

ピアニストでありキーボードプレイヤーでもある(作曲も素敵だし編曲も素晴らしいと私は思っています)
小西真澄さんとのデュオコンサートです。
小西真澄さんには2011年に初めてお目にかかり、それから「サポートメンバー」として何度か共演させて頂いております。
その際に色々お話しをしたのですが実家が近い事等いくつか「これは似ている・・・」と感じる事がございまして
お誘いさせて頂きました。

5月31日日曜日 開場14時 開演14時30分 2ステージです。

MCは2,500円 御飲食はオーダー別です。

出演 日俣綾子 小西真澄さん
場所 Live cafe Sala 東京都港区赤坂2-17-58 赤坂福住ビルB2F
http://www.livecafe-sala.com


小西真澄さんプロフィール
兵庫県神戸市出身。中央大学経済学部卒業と同時に東京藝術大学音楽学部楽理科に進学。
卒業後はピアノ・キーボードプレイヤーとして各種サポート、レコーディング、ライブハウスにて活動。
ジャズ、ロック、ソウルから歌謡曲まで幅広く演奏し、好評を博している。

久しぶりの自主企画となりました。
皆様とお会い出来ましたら幸いです。

スクリーンショット 2015-05-15 11.47.34

クローズドコンサート

もう夏かと思ってしまいますが梅雨も来ていないのですね。

皆様如何お過ごしでしょうか?今回は以前演奏させて頂いたコンサートについて書いてみたいと思います。

去る1月28日に都内のとあるクローズドパーティーに於いて、
大学時代の同級生西本梨江ちゃんとデュオで演奏させて頂きました。
内容は「春の声」等クラシックを中心にそれぞれのオリジナル曲やピアソラも少しありましたか・・・。
本番はトークも交えながらとなり、楽しい一時を過ごさせて頂きました。
麗しさに一段と磨きがかかった梨江ちゃん。音は「ダイナミックかつロマンティック」で素敵でした。
グランドピアノがフルで鳴るとやはり凄いパワーです。
どんなに頑張っても持続しては2つの音しか出せないヴァイオリン、小さな楽器であるヴァイオリン演奏家の私は
素直に憧れてしまいました。歌い回しも非常にロマンティックで、
「単旋律楽器でどちらかというと頭から飛ばしてしまう」(!)私には心が揺さぶられると同時に
勉強にもなりました。
音楽家として円熟を迎えた同級生を頼もしく感じると同時に「私も頑張らなければ!」という気分になりました。
とても良い機会を下さったパーティー関係者の方と西本梨江ちゃんに心から感謝申し上げます!

こちらは西本梨江ちゃんのホームページです。
http://rie-piano.com

「おさらい会」を開催しました!

去る2015年1月21日土曜日、日俣綾子ヴァイオリン教室内で「おさらい会」を開催しました。
生徒さんはヴァイオリンの方が2名、ヴィオラの方が1名で計3名の参加でした。
プログラムは・・・

「マスカーニ作曲:カヴァレリアルスティカーナより間奏曲」ヴァイオリンH.Kさんと日俣のピアノ伴奏
「シュターミッツ作曲:2つのヴィオラの為の6つの演奏曲集より第1番ハ長調」ヴィオラのOさんと日俣のヴィオラ
「シベリウス作曲:ヴァイオリンとヴィオラの為の2重奏曲」ヴァイオリンのK.KさんとヴィオラのOさん
「マスネ作曲:タイスの瞑想曲」ヴァイオリンのK.Kさんと日俣のピアノ伴奏
「岡野貞一作曲:春の小川」を日俣も含め4人全員で合奏
でした。

皆さんに心から喝采を送ります!
発表会後は皆でお茶会を致しました。音楽についての意見の交換・・・になるかと思いきや
全く関係のない話で盛り上がりました。こんな筈じゃなかったのに?!笑。
後日に、当日録音した演奏をCDで、当日撮影したお写真をお渡ししました。

ちなみに費用ですが・・・
日俣伴奏費2,000円
日俣謝礼1,000円
会場費(お茶菓子代)2,000円
1人当たり合計5,000円でした。
ただこれは「教室内で」「所々間違える日俣の伴奏で」行ったから出来る金額です。
ホールでやると会場費もかかりますし伴奏の先生にもお願いするのでこの金額では出来ませんね。
また、残念ながら生徒さんの人数やその他諸々の事情にもよりますので次回もこの金額で!とは断言出来ません・・。
ただ大人の生徒さんには「アットホームなおさらい会」は人気なので出来れば続けられたらな、と考えております。

次回は・・・1月は年末年始の直後で忙しいしインフルエンザや雪の心配もあるので・・・春か秋に行う予定です!
楽しみにお待ち下さい!

下のお写真は「タイスの瞑想曲」を演奏するK.Kさんと伴奏の日俣です。

IMG_0375





研究会に参加しました。

去る11月7日金曜日、日本弦楽指導者協会関東支部主催の研究会に参加し、「ヴァイオリン奏法の基本」について勉強して参りました。

大先輩の先生方と意見を交換させて頂き非常に勉強になりました。

指導者としてレッスンの以前に気を付けなければならない事や教材の事など沢山の貴重な意見を伺う事が出来ました。特にヴァイオリンが初めての生徒さんに弓の持ち方をお教えする際のアドバイスでとても良い事を教えて頂き、目からウロコでした。

この会でも実感しましたが、どの先生方も本当にお優しいです。どの先生も「もし自分が習うとしたらこの先生!」「自分の子供に習わせるならこんな先生!」と思ってしまいました。

つくづく「信頼される先生」である前に「人間として信頼される人」にならなければなぁと思いました。

1月のおさらい会の日程もほぼ決まりました。

生徒さんも順調に仕上がってきています。とても楽しみです。

SN3R0566

 

ブログ〜音楽や教室について〜

こちらのページでは音楽や教室の事について、色々書き綴って参ります!