講師プロフィール

杉並の森ヴァイオリン教室・ヴァイオリニスト 日俣綾子(ひまたあやこ)

1977年大阪府出身。4歳よりヴァイオリンを始る。
兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部卒業。
大学卒業後イタリアへ渡り研鑽を積む。P1050910
第4回京都青山バロックザール子供の為のバイオリンコンクール金賞。
第45回全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部入選。
ヴァイオリンを栗原征子、東儀幸、西和田祐、原田幸一郎、フェリックス・アーヨ、
中西俊博、後藤勇一郎の各氏に師事。室内楽を加藤知子、毛利伯郎の各氏に師事。
また竹澤恭子氏やカート・サスマンズハウス氏(シンシナティ大学)川崎雅夫氏(ジュリアード音楽院)らの指導も受ける。
演奏活動は、クラシックは勿論ポップスやジャズなど多岐に渡っている。
中島みゆき氏の「夜会」に、谷村新司氏のディナーショーに参加。
またNHK大河ドラマ「江」「八重の桜」、三谷幸喜氏「ステキな金縛り」にストリングスの一員として携わる等、数多くのスタジオワークもこなしている。
2008年と2009年にピアノとのデュオで自作曲とカバー曲を演奏した2枚のCDをリリース。
2018年には杉並公会堂小ホールにおいて「日俣綾子ヴァイオリンリサイタル ー時代と共に、受け継がれる名曲ー」を開催した。
レッスンは大学4年生の時から10年以上行っている。「株式会社MIC」にて個人レッスンやグループレッスンで3歳から60歳まで、延べ50人以上の指導に当たった経験を持つ。2014年に独立。TVドラマ「オレンジデイズ」を始めTVやCM撮影時の演技指導も行っている。
一般社団法人日本弦楽指導者協会正会員。
 

  お問い合わせは杉並の森ヴァイオリン教室主宰日俣綾子までお気軽にどうぞ 

<一般社団法人日本弦楽指導者協会正会員>     

  東京都杉並区本天沼3丁目  
JR中央線・地下鉄丸の内線荻窪駅よりバス約20分 / 西武新宿線下井草駅より徒歩約10分   
vn_tamahi@yahoo.co.jp